前へ
次へ

介護のための認定というのは

介護サービスを受ける時に認定を受ける必要があるのですが、それが要支援とか用介護といったもので1とか2とかそうした数字で表される事になります。
デイサービスなどを受けるときには基本的に要支援認定を受けた人以上の場合に、となるわけです。
また認定の度合いにもよって違うのですが労力の負担などのために福祉用具の導入をしたりする場合に1年間10万円以内を上限にその費用がかかった8割程度が返金されるというような制度もあります。
しかしこれは勝手に買って良いというわけではなく、指定された事業所から購入ということになっていますのでまずそれを確認してから買うようにした方が良いでしょう。
少しでも費用負担を軽くすることができるのであればそういうサービスとか制度と言うきちんと利用するようにしたほうが後々金銭的な意味においても助かることになるでしょう。
もちろん、なんでもかんでもというわけではありませんから、注意が必要です。

Page Top