前へ
次へ

介護度などの認定を受ける

介護認定を受けることの利点というのはどこにあるのかといえば、それは受けた被保険者の人が、住んでいる住宅に関して、その人が住みやすいような住環境に帰るということや介護はしやすいような小規模な住宅改修に対して、援助があったりします。
上限20万円まで住宅改修費ということで支給されることになっています。
もちろん、どんな改修にも、というわけではなく、手すりをつけたりとか、段差を解消したり、或は洋式便座へ変えるということも実は介護を楽したりすることに重要になりますから、認められています。
デイサービスなどをしっかりとサービスを受けることによって少しでも負担を軽くすることができるのであれば在宅で行うということもできるでしょうし、必ずしも施設に入る必要性があるわけではない、ということは知っておきましょう。
費用的なこともあるでしょうがとにかく行政からの支援を受けることにしましょう。
それこそが自分の為になります。

Page Top